かいわい宣言


 「大ケヤキのある散歩道」が、区の第一回地域風景資産として選定されたことがひとつの契機となり、土とみどりを守る会として世田谷区の風景づくり条例に基づく具体に取り組むことになりました。その第一ステップは、「奥沢・土とみどりの街づくり宣言」を世田谷区風景づくり条例にもとづく「かいわい宣言」として、平成16年3月に世田谷区に登録したことです。

 「かいわい宣言」は、平成11年に制定された条例の項目ですが、全く使われておらず、当会の取り組みが最初のケースとなりました。同時に、土とみどりを守る会は世田谷区風景づくり条例に基づく「風景づくり活動団体」として世田谷区に登録されました。

奥沢・土とみどりの街づくり宣言
 
宣言の目標

 「緑豊かな街並みを維持し、心安らぐ街にしていくための住環境づくり 」

宣言によって生ずる活動の内容
1.街並みの調和を大切にし、街の歴史を刻む建物など、語り継がれていく風景を皆で守る。そのためには、住まいと街をつなぐものとしての建物の外壁、塀や柵、擁壁などのしつらえの方法や素材選びなどのアイデアを共有してゆく活動を進める。

2.街並みに寄与している樹木を推奨し、周囲の住民の理解を得て、その保全に努め、新改築時に既存の樹木や生け垣を残す他、壁面緑化などの工夫を通じて、生活空間を豊かにしてゆくための活動を進める。

3.季節の花がある楽しい街並みづくりや、文化活動を通じてご近所づきあいを活性化し、地域のコミュニケーションを深める活動を進める。


sengen.jpg
 上に黒塗りで示されている82名の賛同者(登録時)を得て登録されましたが、これは、登記簿に記載されているその土地建物に関わる全ての方々の署名押印をいただくという、大変な作業でした。最初は20名ほどの賛同から始まったのですが、お声をかけると次第に増え、時間的制約から82名で一区切りをつけました。主旨にご賛同いただいても、所有者の一部がご高齢であるといった理由により登録を見送らなければならなかったケースが多々あり、より緩やかな登録の仕方が望まれるところです。

 世田谷風景づくり条例による「かいわい宣言」の次のステップは、対象となるエリアを「点」として定めている現状から発展させ、「面」として内容の具体を定める「かいわい形成地区」を制定することとされています。それは我々の手を離れ、世田谷区が行う手続きとされていますが、その後は休止状態です。今後は条例を発展させた「景観法」に基づく制度として具体化するという説明を受けていますので、ふたたび住民たちの手で推進できるような仕組みとしてぜひ実現したいと考えております。