大ケヤキのある散歩道

 世田谷区風景づくり条例にもとづき、平成14年11月9日の公開選定会で、奥沢2丁目12~22番に東西にのびる道路が「大ケヤキのある散歩道」の名称のもと、第一回風景資産として選定されました。(下は平成14年頃の写真です。)


keyakimichi-1.jpg

選定の理由は、条例の趣旨が美しい景観を表彰するというだけのものではなく、そこに住まう人々が推薦した風景を未来に向けて守りづづけ、その風景が地域コミュニティづくりにつながるだろうということが、選定基準に合致したからです。選定人の方々は、この道筋に並べられたチェリーセージを、ここに住まう人々のコミュニティ意識の象徴と高く評価されたようです。